どんな食べ物を摂取すれば胸が大きくなるの?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

体は食べ物によってできているので、胸を大きくするためにも食べ物は非常に重要です。

 

たとえどんなに外側からバストアップに有効なケアができていたとしても、食事からの栄養素が不足していたのでは、胸を大きくすることはできないということです。

 

胸を大きくしたいという人は、食事にも気を遣いましょう!

 

食べ物の中には、胸のハリを出すのに良いものやサイズを大きくするものなど、様々なものがあるので、特に自分が気になっている点を補ってくれる食べ物を食べてもいいですし、全体的にケアできるようにバランスよく食べてもいいでしょう。

 

ただ、食べ物を食べているだけよりも、一緒にバストアップに必要な筋トレなどをしたほうが、効果が大きくなるのでお勧めですよ。

 

どんな筋トレをすればよいのかは筋トレでバストアップで説明しているので、ぜひ見てみてください

 

では、具体的にどのような食べ物を食べればよいのか紹介したいと思います。

 

 

目次

 

 

どんな食材が胸を大きくしてくれるの?

胸を大きくしたい!という多くの女性に食べてもらいたい、バストアップ効果のある成分は大きく5つあります。

 

@乳腺の発達を促す働きのあるタンパク質(アミノ酸)
A胸の肌を美しくするビタミンC
B細胞を育てるのに必要なビタミンB群
C抗酸化成分でおなじみ、ビタミンE
Dきれいな肌に欠かせないミネラル

 

この中でも、まずはバストサイズアップに欠かせないタンパク質から紹介したいと思います。

 

 

タンパク質で乳腺を発達させよう

筋肉をはじめとした、皮膚や髪などを作る上で非常に重要となる成分がタンパク質です。
バストアップに限らず、美肌や筋トレなど、体作りには欠かすことができません。

 

大豆から作られる大豆製品や、牛乳、お肉などに多く含まれているタンパク質ですが、バストアップのためにタンパク質を摂取するのであれば、大豆などに含まれる植物性タンパク質を摂取するようにしましょう。

 

お肉や牛乳などに含まれる動物性たんぱく質も体には必要な成分なので、食品に含まれる脂質、カロリーなどに気を付けながら摂取するようにすればよいでしょう。

 

特に大豆製品でのタンパク質摂取がお勧めなのは、大豆に含まれる大豆イソフラボンの効果がバストアップに有効だからです。

 

 

バストなど、女性らしい美しさは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの働きによってつくられていきますが、この大豆イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをすることができるのです。

 

こういった理由から豆乳がバストアップに有効だという話が広まったのです。

 

 

どのような食材にタンパク質は多く含まれているのか

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

では、どのような食材にタンパク質が多く含まれているのか紹介したいと思います。

 

まず、動物性たんぱく質は、牛乳から作られる乳製品、卵、魚介類、肉類に多く含まれています。
動物性タンパク質が多く含まれている食材には、脂質が多い傾向にあるので、脂質の量やカロリーには気を付けるようにしましょう。
例えば、鶏胸肉やささみなど脂質の少ない部位を食べるなどがお勧めです。

 

次に植物性タンパク質は、大豆製品に多く含まれています。
例えば、豆乳、納豆、豆腐などです。

 

他にも、麺類やご飯類にも植物性タンパク質は含まれているのですが、大豆製品に比べると量が少ないですし、炭水化物の量も気になるので、基本的には大豆製品を食べるようにしましょう!

 

もう一つ、女性ホルモン様作用をする食べ物として、プエラリアはかなりおすすめです。

 

 

日本ではなかなかみかけないものですが、イソフラボン量は大豆の40倍とも言われ、バストアップに注目を浴びています。

 

 

ビタミンCで胸の肌もきれいにしましょう

顔の肌だけでなく、胸の肌もきれいにしたいという人は多いのではないでしょうか?
サイズや形だけでなく、肌のきれいさも重要ですよね。

 

そこで、肌をきれいにする効果のあるビタミンCを摂取するようにするのがお勧めです!

 

ビタミンCを摂取すると、肌の保湿などに関わるコラーゲンを作ったり、メラニン色素ができてしまうのを防いだりします。

 

また、アンチエイジング効果や免疫力向上も期待できるので、どんな年齢の方にもお勧めすることができます。

 

ビタミンCを摂取するときに気を付けなければならないのが、ビタミンCは調理の際にも、日常生活の中でもどんどん失われてしまうということです。

 

調理の際には、水に溶けだしてしまったり、熱によって壊されてしまったりし、日常生活では喫煙やストレスによって失われるのです。

 

こういったことも考えて、多めに摂取したり、調理方法を工夫したりするように心がけましょう。

 

ビタミンCを多く含まれる食材は?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

ビタミンCが多く含まれている食材で有名なのは、レモンだと思います。
レモン以外も、キウイやいちご、ゆずなどの果物には多くのビタミンCが含まれています。

 

野菜では、ピーマンの摂取がお勧めです。

 

 

ビタミンB群で細胞を育てる ビタミンB1について

体が正常に働くには、必ずエネルギーが必要になります。
エネルギーはタンパク質や脂質、炭水化物など様々な成分から得ることができますが、中でも炭水化物は主なエネルギー源です。

 

その炭水化物は、酵素の働きによって糖質へと分解され、エネルギーとなるのですが、このときに酵素を助けるのが補酵素です。

 

この補酵素の元となる働きがビタミンB1にはあります。

 

そのため、ビタミンB1をしっかり摂取していると、体にしっかりとエネルギーが供給されて、細胞の成長が促されたり、歩廊が解消されたり、脳の働きが活性化されたりするのです。

 

体が正常に働くためにビタミンB1は欠かせない成分と言えますね。

 

 

ビタミンB1が多く含まれる食材は?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

ビタミンB1の摂取では、ベーコンや豚ヒレ肉などの肉類のほかに、玄米などでも摂取することができます。

 

魚介類にもビタミンB1が多く含まれているものが多く、たらこやうなぎなどがお勧めの食材です。

 

 

ビタミンB2で脂肪の代謝を促進

ビタミンB1と同じく、補酵素として働くのがビタミンB2です。

 

ビタミンB2の場合は、炭水化物の代謝ではなく、脂質の代謝に関係があります。

 

そのため、脂肪として脂質が体に蓄えられるのを防ぐことができ、ダイエットに役立ちます。

 

他にも、ビタミンB1と同じく細胞を新しく作る効果や、脂質による生活習慣病の予防などの効果も期待できます。

 

特に、爪や髪の毛、皮膚などをきれいな新しい細胞に作り替えたり、粘膜として働く唇や目などを保護したりします。

 

 

ビタミンB2を多く含む食材は?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

ビタミンB1と同じく、たらこやうなぎ、魚介ソーセージなどの魚介類にビタミンB2は多く含まれています。

 

他には焼きのりやいかなご、納豆などにも多く含まれていて、これらはいつもの食事にプラスアルファとして加えやすいので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ビタミンB6は脂質の代謝に必要

ビタミンB2と同じく、脂質の代謝に非常に重要となるのがビタミンB6です。
ビタミンB2とビタミンB6を両方摂取することによって、より効率よく脂質を代謝することができるようになります。

 

代謝を効率よく行えるようになれば、エネルギーの総量が増えて、神経系にも必要な糖が十分にめぐるようになります。

 

また、たんぱく質とアミノ酸の合成を助ける効果もあるので、ホルモンや筋肉など、体に必要な物質を作り出すうえでもビタミンB6は重要です。

 

こういったものが作られなくなると、肌やバストだけでなく、健康面にも問題が出てきてしまいます。
特に、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは不足しないように気を付ける必要がありますね。

 

 

ビタミンB6を多く含む食材は?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

ビタミンB6を摂取するときにお勧めなのはサンマやマグロなどの魚介類や、レバー、ナッツ類などですが、これらは脂質の量に気を付けなければなりません。

 

同じくビタミンB6を多く含むバナナやにんにくなども食事に取り入れるようにしましょう。

 

 

ビタミンB12で貧血を防ごう

他のビタミンB群と同じく代謝を助ける効果に加え、特に造血効果を持つのが、ビタミンB12です。

 

貧血に悩まされている女性は多いと思いますので、ビタミンB12を積極的に摂取することをお勧めします。

 

また、貧血を改善するにはビタミンB12に加えて、葉酸を摂取することをお勧めします。

 

最近では、お腹にいる赤ちゃんの神経系の発育に欠かせないということで注目を浴びている葉酸ですが、造血効果もあるので、赤ちゃんのためだけでなく、すべての女性に積極的に摂取してもらいたい成分です。

 

 

ビタミンB12が多く含まれる食材は?

バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

ビタミンB12が多く含まれるのは、貝類のあかがいやしじみ、すじこ、のりなのです。

 

お味噌汁にはしじみを入れるように心がけたり、ご飯にのりを乗せたり、少しずつでもいいので、摂取量を増やしていく努力をしましょう^^

 

 

食べ物を使ってバストアップ!まとめ

以上、それぞれの栄養素の働きについてまとめましましたが、バストアップには栄養素の働きがとても重要です。

 

食べ物は体を作る元となるので、美容などにも効果がある成分が多く、バストアップ以外の効果も期待できます。

 

食事での摂取が大変、というときには、サプリメントを使用して補ってみるのもお勧めです。

 

食事で摂取できている気になっていても、実は調理の際に栄養素が失われてしまっている、なんてこともあるので、サプリメントを使っていれば安心ですね。

 

私のおすすめサプリはこちらに書いたので、参考にしてみてください。

 

LUNAサプリの効果と口コミ!

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  






LUNA(ルーナ)サプリの効果・口コミトップへ