バストアップは歳に関係なくできる?年齢制限ってあるの!?

 

10代の成長期でもないとバストアップなんて不可能、そう考えている人も少なくないのではないでしょうか?

 

美しいボディラインのためにバストを大きくしたい!というのは全年齢共通で女性が抱く夢だと思います!
バストアップは年齢を重ねると不可能になってしまうのでしょうか?

 

 

バストアップを目指すのに遅すぎることはありません!

結論から言うと、いくつになってからでもバストアップをすることはできます
その理由はバストアップの仕組みにあります。

 

バストアップに取り組んでいるわけでもないのに胸が大きくなる時期というのがあります。
その一つが、女性らしい体へと成長していく成長期です。
子供を授かり育てていくための機能が成長していく期間なので、胸も当然大きくなるのです。

 

子供を授かり育てていくための機能が発達する期間はもう一つあります。それが妊娠をしたときです。
このとき胸が大きくなるのは母乳を作る必要があるからです。

 

これらの期間に胸が大きくなるのですが、体はどうやってこの期間を見分けているのでしょうか。
それは、女性ホルモンの分泌量です。

 

妊娠をしたり、成長期に入ったりすると女性ホルモンの量が増え、それを感知して胸が大きくなっていくというわけなのです。

 

つまり、年齢を重ねてからでも、女性ホルモンを増やしてあげることができれば、バストアップは可能ということですね!

 

 

どうやって女性ホルモンを増やせばいい?

 

では、具体的にどうやって女性ホルモンを増やせばよいのでしょうか。

 

女性ホルモンは運動や睡眠によってストレスを解消したり、ホルモンの材料となる栄養素を摂取したりすることで分泌量を増やすことができるのですが、バストアップの効果を感じられるほど増やすことは難しいかもしれません。

 

そこで、エストロゲンという女性ホルモンの一種に似た成分であるプエラリアミリフィカイソフラボンなどを摂取するのがお勧めです。

 

これらの成分はサプリとして販売されており、サプリであれば手軽に栄養素を補給することができます。

 

 

サプリって本当に効果があるの?と疑問に思う人や、実際に効果が感じられなかったという人もいると思います。

 

確かにサプリの効果には個人差があり、100人中100人が効果を実感できるわけではないかもしれません。

 

また、バストアップサプリの効果は年齢にも影響されるので、注意が必要です。

 

例えば、バストアップサプリの効果が最も発揮されやすいのは20代です。
この年代ではまだ女性ホルモンがたくさん分泌されているので、サプリによって働きを助けてやることでバストアップさせることができます。

 

30代になると、徐々に女性ホルモンの分泌が減っていき、特に肌に影響が出やすいです。
女性ホルモンはバストだけでなく肌のハリにも大きな影響を与えるので、肌のことが気になりだしたらバストアップサプリで女性ホルモンを補ってあげるのがお勧めです。

 

関連記事:
バストアップに効果的な食べ物・栄養素をまとめ

 

更年期障害や胸が垂れるなど、女性ホルモンの不足が顕著になりだすのが、40代以降です。
この年代になってくると、女性ホルモンは非常に少なくなってしまっています。
食事や運動などの生活習慣だけでは、女性ホルモンの不足によって引き起こされた問題を解決するのは困難です。

 

しかし、サプリを利用して女性ホルモンの働きを助けてあげれば、バストアップだけでなく更年期障害などの症状にも効果が期待できます。

 

年齢を理由にバストアップをあきらめず、女性ホルモンを補ってバストアップを目指してみてもよいのではないでしょうか。

 

関連記事:
女性ホルモンが減少・乱れるとこんな影響が!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  






LUNA(ルーナ)サプリの効果・口コミトップへ