低体温症や冷え性を改善するための2つの方法

低体温症や冷え性を改善するための2つの方法

 

一般的に男性に比べと女性は低体温症や冷え性の方が多いと思いますが、体温が下がれば当然血行が悪くなってしまいますよね。

 

私たちの体を作っている細胞は血液を通じて栄養を摂っているため、当然体の成長にも影響がでてきます。

 

特に女性の場合問題なのが胸の発達を遅らせてしまう可能性があるということです。

 

小さな胸がコンプレックスだからといって食事を改善したりサプリを飲んだりしていても、体が冷えていて血行が悪くなっていてたら努力が台無しになってしまうかもしれないのです。

 

そのため、健康できれいな体をつくるためにも、まずは低体温症や冷え性を改善することが大切なのです。

 

冷え性を改善するための具体的な方法

入浴方法

 

冷え性の改善には、まず体を温めることが基本ですから、毎日しっかりお風呂で温まることから始めましょう。

 

体を温めるというと熱めのお湯に浸かりたくなるところですが、心臓などのへの負担を考えるとあまりよいことではありません。

 

そのため、ちょっとぬるいくらいの38℃〜40℃くらいのお湯に使って時間をかけて芯から温まるようにしましょう。

 

お風呂の中でのマッサージは血行促進に効果的ですから、バストやむくみが気になるところなども合わせて改善してしまいましょう。

 

足のマッサージのやり方

 

  1. 軽くこぶしを作り、足の甲から徐々に上に向かってマッサージをしていきます。
  2. 続いて、足首から膝までの間の筋肉をゆっくりともみほぐしていきましょう。
  3. 膝の裏側にはリンパ節があるので力を入れすぎないようにしながらマッサージをします。
  4. 太腿は内側と外側を力を入れずに撫でるように太腿の付け根までマッサージして下さい。
  5. 最後に1〜4の一連の流れをさっと実施しましょう。
  6. これを5〜7回程度行えば、血行の改善を実感できるでしょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  






LUNA(ルーナ)サプリの効果・口コミトップへ